ピアスに関するご相談

ピアス最近ではピアスをされている方も多くなり、ピアスは年齢に関係なく、誰でもおしゃれを楽しめるアイテムになっています。
よくピアスショップなどでピアッシング(ピアスの孔あけ)をする人がいますが、この行為は医療行為であり、医師のみに許されている処置です。
当院では、医師によるピアッシングを行っております。

 

また、自分自身や友達同士で安全ピンなどを使ってあけるなど、不十分な器具、非衛生的にピアッシングを行うと感染症(B型、C型肝炎、エイズなど)を起こしたり、アレルギーによる炎症を起こしたりする可能性が高くなります。
場合によっては耳垂(耳たぶ)に醜い変形を残したりします。

 

 ピアッシング後のトラブルのことを考えても、医療機関で受けられることを強くお勧めします。

 

ピアスのトラブルについて

 ピアスのトラブルは以下のようなものがありますが、

多いのは細菌の感染による化膿と金属アレルギーによる皮膚炎です。

 

  1. 金属のアレルギーがおきて孔の周りがかぶれる
  2. 細菌の感染をおこして赤くはれて膿が出る
  3. 強くピアスをはさみすぎて耳たぶの中にピアスが入り込む
  4. ピアスの孔のまわりにシコリができる
  5. ピアスの孔のまわりがもりあがってケロイドができる
  6. 夏の日光浴でヤケド、冬のスキーでシモヤケをおこすことがある

    (耳を帽子やヘヤ-バンドなどで保護すると防げる)

     

次のような方はピアスをすることが難しい場合がありますが、まずはご相談ください。
  1. 金属アレルギーの人、皮膚の過敏な人(指輪やネックレスでかぶれた事のある人)
  2. ケロイド体質の人(キズのあとがもりあがることがあった人)

当院での施術について

当院ではジェイ・ヒューイット社の「メディシステム」を用いてピアッシングを行っています。
ピアスガンを使用して一瞬で耳に装着でき、出血も痛みもほとんどありません。
孔あけ専用の医療ピアスは、一般アクセサリー用ピアスではありません。
1ペアごとに滅菌包装された孔あけ専用の医療用具です。
また、ピアスホール形成のために、一般のピアスより軸が太くなっています。
したがって、当院では持ち込みのピアスによる孔あけは行っていません。

ピアスホールを完成させるために、できるだけ長く(個人差はありますが当院では3ヵ月をお勧めしています)医療用ファーストピアスをつけたままにして下さい。

当院では「耳たぶ」のピアッシングを行っております。
「軟骨部分」や「ボディ」へのピアッシングは行っておりませんので予めご了承下さい。

料金について

ピアッシングは保険適応外(自費)となります。
料金(ファーストピアス、薬剤を含む)
2ヶ所 5,000円 1ヶ所 4,000円

18歳未満の方へ

18歳未満の方は保護者の承諾が必要になります。
当日、保護者と一緒にご来院いただけない場合は、保護者の方に署名・捺印していただいた承諾書をお持ち下さい。
当院では中学生以下の方は、ご遠慮いただいています。

 

診療時間のご案内
 
9:30〜12:30
16:30〜19:30

【休診日】木曜・土曜午後、日曜、祝日
【受付時間】受付は診療開始時間の30分前からとなります。

お問い合わせ/TEL.06-6969-3322 FAX.06-6969-0000