インフルエンザ予防接種

インフルエンザは、毎年のように流行する感染力が強いウイルスです。インフルエンザを予防、症状の悪化を防ぐには毎年のワクチン接種が有効です。当院では、小学生以上の方に予防接種を予約制で行っています。まずはご来院いただくか、電話にてお問い合わせください。

 

今シーズン(2020年度)の予約を開始しています。

(今シーズンは終了しました)

 

今年度は10月1日から接種を開始しますが、10月25日までは定期接種対象者(65歳以上の方など(下記参照))を優先して接種します。 その他の方は10月26日以降の接種となります。

詳細はお問い合わせください

 

従来3種類のウイルス株で構成された3価ワクチン(A型2種類、B型1種類)でしたが、平成27年度より、4種類のウイルス株で構成された4価ワクチン(A型2種類、B型2種類)に変更され、近年流行しているインフルエンザに対応した内容に充実されました。

 

料金

1回 3,600円

13歳未満は2回接種が必要です。
当院で2回受けられる方は1回目3,600円、2回目2,600円となります。

 

大阪府の接種無償化については決まり次第、追加記載します。

大阪市のインフルエンザ予防接種事業の対象になる方は、以下を参照ください。

<大阪市のインフルエンザ予防接種について>
原則65歳以上の方が公費接種の対象となります。

実施時期

令和元年10月1日(日)から令和2年1月31日(水)

対象者
  • 65歳以上の方
  • 60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に
    障害を有する方(身体障害者手帳1級相当)
接種回数

1回
(医師の指示により2回接種する場合、2回目は全額自己負担となります。)

接種費用

自己負担額 1500円

自己負担免除者

対象者のうち、次に該当する方は、医療機関の窓口で確認できるものを提示(又は提出)することで、
接種費用が免除されます。

(1)生活保護受給者の方
  保護決定通知書又は生活保護適用証明書、生活保護法医療券などを医療機関でご提示ください。
(2)市民税非課税世帯の方
  介護保険料決定通知書(保険料段階が第1から第4段階のものに限る)などを医療機関で提示してください。
(3)公害認定患者の方
  公害医療手帳を医療機関で提示し、大阪市公害健康被害被認定者インフルエンザ予防接種負担費用助成金代理受領依頼書(A5版 緑色)を提出してください。
(4)東日本大震災被災者の方
  保健福祉センターで申請し、予防接種実施願を医療機関に提出してください。

診療時間のご案内
 
9:30〜12:30
16:30〜19:30

【休診日】木曜・土曜午後、日曜、祝日
【受付時間】受付は診療開始時間の30分前からとなります。

お問い合わせ/TEL.06-6969-3322 FAX.06-6969-0000